2020年10月06日

相次ぐ芸能人(三浦春馬・芦名星・竹内結子)の死去で浮き彫りになった尼崎事件との類似点









芸能人の不可解な死去(疑問点が多いため、あえて「自殺」という言葉は使わないでおく)が短期間で頻発している。
亡くなった三浦春馬・芦名星・竹内結子は3人とも美しさに演技力も兼ね備えていた実力派俳優だった。





端から見れば順風満帆にしか見えない3人がなぜ死ななければならなかったのか?考えれば考えるほど謎は深まるばかりだ。
世間では様々な考察がなされているが、まず大前提として一番気になる部分がある。





3人の死には、ある2つの共通点があるということだ。
その共通点とは
「クローゼットで亡くなっていた」
「遺書がない」
この共通点が奇妙だと思わない人はまずいないだろう。





しかも竹内結子にいたっては産まれたばかりの子供を残しているため遺書も残さずに自らの命を絶つとは到底思えない。
私はこの共通点を訝しく思った時に8年前のある事件が頭をよぎった。





兵庫県尼崎市で起きた連続殺人死体遺棄事件(尼崎事件)である。
「日本犯罪史上最悪の事件」とも言われている事件なので覚えている方は多いだろう。
あまりにもおぞましい事件だが、なかなか捜査に動かなかった警察にも批判が集まった。





そしてこの事件も最大の謎を残したまま幕を閉じる。
主犯が留置所でシャツを首に巻き自殺してしまったのだ。
あっさりと主犯に管理下で死なれ、事件の解明を棒に振った警察はさらに猛バッシングされた。
しかもこの事件、主犯の顔写真をマスコミが別人と取り違えて報道するという通常では絶対あり得ないミスも重なっている。





不可解な点が多かったhideの死も、遺書がなく、自殺に使うとは思えない柔らかいタオルで首が吊られていた。

検死のベテランは「自殺の99%は他殺」とも語っている。
世間が真実を知らされず、その実態が闇の底に葬られたままだとしたらこんなに恐ろしいことはないだろう・・・

いつものショッピングでポイントがダブルで貯まる!ポイ活ならモッピー
posted by 戦場の夕日 at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: