2021年01月19日

鼻出しマスクが危険な理由【大学センター試験(共通テスト)トイレ立てこもり事件の真相究明】





















コロナ禍で何とも痛々しい事件が起きてしまった。
現場は多くの受験生が集まる大学入学共通テストの会場ということで騒然となった。
一人の受験生が試験官の再三の指示に従わず、マスクから鼻を出していたことを改めなかったため失格処分になったのである。
これだけだと受験生が少しかわいそうにも思えるが、ルールにハッキリと明記されていたことで、病気であることなどの証明もまったくなかったため同情の余地はない。
ここで鼻出しマスクの危険性を示しておこうと思う。









「飛沫は口から出るものなので鼻は出しててもいいんじゃね?」
と思ってる人は多いと思う。
しかしこれは大きな勘違いであり、このような勘違いが感染を拡大させているのである。
まず、飛沫は鼻からも排出されている。
さらに、くしゃみなどをした場合は鼻から多量の飛沫が飛び散るのだ。
そもそも鼻を出してるということはリスクが高い。
人は空気の大部分を鼻から取り込んでいるため鼻をガードしていないと他人の飛沫を吸い込むリスクがハネ上がる。

それにしても今回のこの鼻だしマスク受験生は40代の男だったという・・・
指示に従わなかった挙げ句、トイレに三時間も閉じ籠り逮捕・・・
なぜこのような問題を起こしたのか考察してみたい。







鼻だしマスクをしている理由は大きく以下の3つが考えられる。
・単にカッコつけたいから鼻を出してる
・タバコの吸いすぎで肺活量が衰えていて苦しいから鼻を出してる
・病気を患っているため鼻を出してる

しかし、この受験生の場合、年齢など不自然な点が多い。





この年齢で受験が本当の目的であったのなら、並々ならぬ決意で受験までの準備を進め、会場に来ているはずである。
それが幼稚園児のように指示に従わず、試験を棒に振ったのだ。
明らかに不自然ではないか?









このことを考えると、最初から何らかの問題を起こすために試験会場に来た可能性が高いように思う。





そして、最も被害を受けたのは同じ教室の受験生たちだろう。
イレギュラーな騒動に巻き込まれた受験生のメンタルも心配である。





とにかく、悪質な輩を失格処分にした判断は正しかった。
これだけ感染が拡大してしまっている惨状である。
マスク着用にもそろそろ法的な強制力が必要なのではないだろうか。

いつものショッピングでポイントがダブルで貯まる!ポイ活ならモッピー
posted by 戦場の夕日 at 15:00| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする